名馬.jp

イクノディクタス

  • (C)JRA

プロフィール

父: デイクタス
母: ダイナランデイング
品種: サラブレッド
性別: 雌
毛色: 栗毛
生年月日:1987年04月16日
母馬所有者: 社台フアーム早来
生産牧場: 高田 栄治
産地: 北海道浦河郡浦河町

重賞競走

'91 京阪杯 G3

'92 金鯱賞 G3

'92 小倉記念 G3

'92 オールカマー G3

近況 2008年12月

北海道新冠町の五丸農場で引退名馬として繋養を始めました。

繋養展示場所
〒059-2427 北海道新冠郡新冠町大富
 
五丸農場
TEL
0146-47-4376
展示時間
09時00分~16時00分
休憩時間
11時30分~13時30分
休日
不定期
連絡予約
前日まで
厩舎内への立ち入り
備考
当日連絡でも構いませんが、仕事によっては電話がつながらない場合があります。
着順 日付 レース名 競馬場 芝ダ 距離
1 1991年05月12日 京阪杯 G3 京都 2000
1 1992年06月21日 金鯱賞 G3 中京 1800
1 1992年08月30日 小倉記念 G3 小倉 2000
1 1992年09月20日 オールカマー G3 中山 2200
2 1993年05月16日 安田記念 G1 東京 1600
2 1993年06月13日 宝塚記念 G1 阪神 2200
2 1990年10月21日 ローズS G2 京都 2000
2 1992年10月11日 毎日王冠 G2 東京 1800
2 1991年08月04日 北九州記念 G3 小倉 1800
2 1991年09月15日 朝日ChC G3 中京 2000
3 1991年02月24日 マイラーズC G2 中京 1700
3 1989年12月10日 Rたんぱ3歳牝馬S G3 阪神 1600
3 1990年09月30日 サファイヤS G3 中京 1700
3 1991年08月25日 小倉記念 G3 小倉 2000
4 1990年11月11日 エリザベス女王杯 G1 京都 2400
1 1989年08月19日 フェニックス賞 オープン 小倉 1200
1 1991年03月23日 コーラルS オープン 京都 1400
1 1992年05月30日 エメラルドS オープン 阪神 2500
1 1993年06月26日 TV愛知OP オープン 京都 2000
2 1992年02月02日 関門橋S オープン 小倉 2000
2 1992年05月03日 メトロポリタンS オープン 東京 2300
3 1991年07月14日 小倉日経賞 オープン 小倉 1700
主催者 レース回数 1着 2着 3着 着外 賞金
1989年 中央 6 2 0 1 3 27,672,600
1990年 中央 7 0 1 1 5 37,842,000
1991年 中央 12 2 2 3 5 129,351,400
1992年 中央 16 4 3 0 9 220,295,000
1993年 中央 10 1 2 0 7 115,963,000
合計 中央 51 9 8 5 29 531,124,000
年度 表彰情報
1992年 最優秀4歳以上牝馬

2016年9月 ~イクノディクタスとの再会~

3歳から7歳までタフに走り続け「鉄の女」と呼ばれ親しまれたイクノディクタス。


デビュー時から能力の片鱗は見せていたが、彼女の真骨頂は6歳から7歳にかけての2年間、同期の仲間たちが次々と引退し、現役生活も後半に差し掛かってから。


その間なんと26戦ものレースを走り抜き、レコード勝ちのオールカマーを筆頭に重賞3勝、安田記念と宝塚記念の両G1では低評価を覆し、牡馬相手に2着の激走は今もなお記憶にくっきりと焼き付いています。


通算成績は51戦9勝、総獲得賞金5億3112万円は当時の牝馬獲得賞金レコード。


ビッグタイトルこそ手は届かなかったが、競馬史の1ページに名を刻んだ名牝であることに間違いないでしょう。


そんな彼女が引退後、オーナーとの縁で第2の故郷に選ばれたのが新冠町の五丸農場。


2008年11月まで繁殖雌馬として繋養されたのち、今は「引退名馬」として悠々自適の生活を送っています。


「夏の暑い時期になると厩舎に帰りたいのか、放牧地の一角でじっとして、あまり動かなくなるんですよね。」


と苦笑いしながらも、愛しそうにイクノディクタスを見つめながら語るのは五丸農場の五丸久美さん。


「広い場所に1頭で放していますが、牧柵越しに隣の放牧地が見えるのでイクも寂しくないんでしょうね。

柵越しにスキンシップを取る仲間もいますし、時折当歳馬も近寄ってきますが、嫌がることなく接しています。

さすがに若いころほどの気の強さは見せなくなりましたが、それでも気に入らないことがあると立ち上がったり、急に走り出したりと、お転婆なところは相変わらずですよ。」


今もなお人気は健在で、年間100組ほどの熱心なファンが五丸農場を訪れています。


今年は特に去年現役を引退したゴールドシップが近くのビッグレッドファームにスタッドインしたこともあってか、見学者も多いそうです。

「毎年誕生日にはたくさんのプレゼントや電報をいただきますし、お正月にはイク宛てに年賀状を送って下さるファンの方も大勢いて、本当に愛されているんだなと思います。

今後もイクの元気な姿を気軽に見に来ていただけると嬉しい限りです。」


来年には30歳を迎えるイクノディクタスですが、ここまで病気らしい病気もほとんどなく、食欲も旺盛で、放牧中は黙々と青草を食み続けています。


繁殖雌馬として10頭の産駒の母となり、引退名馬となってからも多くのファンや五丸夫妻に暖かく見守られて余生を過ごしています。

彼女にとっては、これもひとつの幸せの形ではないでしょうか。


これからも末永く、元気な姿を見せ続けてもらえるよう願うばかりです。