名馬.jp

マーベラスサンデー

  • (C)JRA

プロフィール

父: サンデーサイレンス
母: モミジダンサー
品種: サラブレッド
性別: 雄
毛色: 栃栗毛
生年月日:1992年05月31日
母馬所有者: 阿部 善男
生産牧場: 早田牧場新冠支場
産地: 北海道新冠郡新冠町

重賞競走

'97 宝塚記念 G1

'96 京都大賞典 G2

'97 産経大阪杯 G2

'96 エプソムC G3

'96 札幌記念 G3

'96 朝日ChC G3

近況 2016年9月

2016年6月30日に死亡しました。

JAIRS情報提供者:

繋養展示場所
〒 北海道日高郡新ひだか町
 
展示時間
09時00分~09時00分
着順 日付 レース名 競馬場 芝ダ 距離
1 1997年07月06日 宝塚記念 G1 阪神 2200
1 1996年10月06日 京都大賞典 G2 京都 2400
1 1997年03月30日 産経大阪杯 G2 阪神 2000
1 1996年06月01日 エプソムC G3 東京 1800
1 1996年06月30日 札幌記念 G3 札幌 2000
1 1996年09月08日 朝日ChC G3 阪神 2000
2 1996年12月22日 有馬記念 G1 中山 2500
2 1997年12月21日 有馬記念 G1 中山 2500
3 1997年04月27日 天皇賞(春) G1 京都 3200
4 1996年10月27日 天皇賞(秋) G1 東京 2000
1 1995年03月05日 ゆきやなぎ賞 500万下 京都 2000
1 1996年05月05日 鴨川特別 900万下 京都 1800
1 1996年05月18日 桶狭間S 1500万下 中京 1800
主催者 レース回数 1着 2着 3着 着外 賞金
1995年 中央 2 2 0 0 0 15,699,000
1996年 中央 9 6 1 0 2 304,286,000
1997年 中央 4 2 1 1 0 286,880,000
合計 中央 15 10 2 1 2 606,865,000
年度 表彰情報
1997年 最優秀4歳以上牡馬

2015年6月 ~マーベラスサンデーとの再会~

 1997年の宝塚記念(GⅠ)を制したマーベラスサンデーは、日高町豊田の大西スティブルで余生を過ごしています。

 長きに渡った種雄馬生活を終え、現在は引退名馬として悠々自適な日々を送っています。
 
 繋養先・大西スティブルの大西一成社長に、近況を伺いました。


 「23歳となりましたが、年齢以上に若々しいです。
 サンデー系らしい気の強い面がある一方、賢い面も持ち合わせています。
 種雄馬引退後も去勢せず、雄馬のままの状態にしています。
 放牧地では一頭ですが、時々、遠方から雌馬の姿が見えると、やっぱりわかるのでしょうね。
 その時ばかりは少し興奮気味に駆け出しています。
 身のこなしが柔らかく、さすがGⅠ馬。
 骨格や後ろ脚の運びは、先日の安田記念(GⅠ)を勝ったモーリスに似ているような気がします。」


 夏季は、朝6時~夕方5時30分頃まで放牧し、夜は1歳馬と同じ厩舎に入っているそうです。
 
 年齢的なことを考慮し、朝晩の手入れではマッサージを受けています。
 
 写真撮影のために、落合広司場長が放牧地から連れ出すと、格好良くポーズを決めてくれました。
 
 体のラインや筋肉、歩様は高齢馬と思えないほどです。

 通算成績は15戦10勝。

 
 生涯一度も掲示板を外すことなく、底を見せないままターフを去りました。
 
 戦ったライバルはサクラローレル、タイキブリザード、ダンスパートナー、バブルガムフェロー、マヤノトップガン…懐かしい名前があがります。

 
 種雄馬としてはこれまで1,000頭近い産駒を送り出し、そのうちの一頭ネヴァブションは、昨年から新種雄馬となりました。
 最近は母の父としても成績を伸ばし、この春はレッツゴードンキが桜の女王に輝いて、明るいニュースが届きました。


 「遺伝力の強い馬なのでしょう。
 これからも子孫の活躍を楽しみにしています。」
 と、大西社長。

 思えば、レッツゴードンキの堅実さは、マーベラスサンデー譲りかもしれません。

 対照的に、少し心配な話は、マーベラスサンデーのお腹のこと。疝痛歴が長く、大西スティブルに移動してからも、2度あったそうです。

「以前、厩務員として世話していた古川代津雄さんという方が、大西スティブルまでマーベラスサンデーに会いにいらしたのですが、現役の頃から疝痛があったそうで、苦労されたようです。
以前いた種馬場からも、気を付けて欲しいとお話がありました。」
そうした健康面の心配をケアする頼もしい存在が、近隣で診療所を構える齋藤恂一獣医師。


 キャリア60年の大ベテランで、86歳とは思えないほどの元気と、これまでに得た豊富な知識・知恵を生かして馬に接しています。

「こちらでも疝痛の症状が出ましたが、すぐに診療して回復しました。
普段は若馬と同じぐらいの量を食べますし、食欲も十分。
新しい環境も合っているようです。」
と、齋藤獣医師。


 今日も頑張るぞ!とばかりに腕まくりをしながら、
「うちらもマーベラスサンデーと同じおじいちゃんだけど、若い衆には負けていられないよ。」
と、笑っていた姿が印象的でした。

 
 老いてなお、マーベラスサンデーは多くのファンと対面しています。
 
 今年も幅広い年齢層のファンが訪れているそうです。

「本当に人気が高くて、正直驚きました。
大きなカメラで写真を撮る方が来たり、リンゴを持ってくる方がいたり。
こうして全国の方と会うことができて、私も嬉しいです。
現役時代は武豊騎手が乗っていた馬ですからね、武豊さんにもいつか会いにきて欲しいです(笑)。
馬自身はすごく元気ですし、これからも長生きさせたいと思います。」
と、大西社長は話します。


競馬ファンなら誰もが知るようなグランプリホースを手がける毎日を、誇りに感じている様子でした。

支える皆さんの愛情を一身に受けながら、マーベラスサンデーの余生は、きっと安心に満ちたものになるでしょう。

動画も公開していますので「マーベラスサンデーの近況」からご覧ください。